• MIDORi

あやふやな記憶


続きまして、たった今、自分に驚愕した話題を。。。

明日、急きょ横浜に行く用事ができたので、隙間時間でずっとやらなきゃと思っていた手続きをしに神奈川県庁へ行こうと思い立ちました。

国家資格通訳案内士の登録内容変更届です。

2001年に取得し、2009年に引っ越しをしてからずーっとほったらかしにしていたこの手続き。。。

だってだって、住所変更するだけで4000円の手数料がかかるんですよ???

おかしいと思いません????

転勤族の人は大変ですやん、これ(←大学のスペイン人の恩師がよく言っていた、ちょっとおかしな関西弁風)。

必要書類を確認し、証明写真はパスポートに使ったやつでいいか~、6か月以内じゃないけど~と思いながら、登録証を出してみたら、なんとなんとその写真が貼ってあるではありませんか!!!!!

交付年月日は2014年となっております。

全く記憶にないのです。。。。

こわい、こわすぎる。

ひとまず、手間が一つ省けたのは嬉しいですが。。。

記憶力にはそれなりに自信があったので、目下自身喪失状態です(*_*) 6か月以内どころじゃない写真を使おうとしてすみませんでした。。。



最新記事

すべて表示

医療的ケア児のいま

今日明日とNHKハートネットTVが医療的ケア児を取り上げています。 1992年、リンパ管腫の治療を受けるために来日したメキシコ人のカルロスちゃんと家族の通訳をしたとき、気管切開と胃ろうのケアのため両親は4時間以上連続して寝たことがないと聞いて家族の大変さを思い知らされました。 日本の親御さんたちも長い間同じような状況を強いられてきました。今年やっと医療的ケア児の支援を強化するため厚労省が報酬の見直