• MIDORi

ルッキズム

以前、二重美容整形術を受けようとしていた友人に「しない方がいい。今のあなたがとても素敵。」と言ったことがありました。


今は、言ってはいけない発言だったと反省しています。


自分がどうなりたいかは自分で決めることであって、他人に美の概念を押し付けられるものではありません。当時はその認識が欠けていました。


友人とは久しく会っていませんが、今度会ったら、まず謝りたいです。


渡辺直美さんへの侮辱発言が問題になりました。 侮辱と捉えること自体が差別的だとする意見もあります。 ルッキズムの問題に触れたことのある人なら、今回の問題をルッキズムと関連付けて考えておられると思います。 以下にご紹介する記事は、私が運営するNPO法人リンパ管腫と共に歩む会のTwitterアカウントをフォローして下さったかたのシェアで知りました。この記事を読むと、大多数の人が自分も日常的に差別発言を繰り替えしていたことに気づくと思います。

渡辺直美さんがあるイベントで子どもたちに「自分を大事にする大切さに気づいたのは大人になってからでした。子どもの時に気づけば人生はもっと素敵なものになると思います」と語っておられました。

私も子どもの時に渡辺直美さんのような大人に出逢いたかったです。 https://chanto.jp.net/beauty/problem/204876/



最新記事

すべて表示

医療的ケア児のいま

今日明日とNHKハートネットTVが医療的ケア児を取り上げています。 1992年、リンパ管腫の治療を受けるために来日したメキシコ人のカルロスちゃんと家族の通訳をしたとき、気管切開と胃ろうのケアのため両親は4時間以上連続して寝たことがないと聞いて家族の大変さを思い知らされました。 日本の親御さんたちも長い間同じような状況を強いられてきました。今年やっと医療的ケア児の支援を強化するため厚労省が報酬の見直