• MIDORi

世界遺産ルイス・バラガン邸


2012年5月、NPOの仕事でメキシコへ単身出張した際、スケジュール調整をしてくれた友人の小児外科医夫婦から、「自由な時間ができたらMIDORIはどこに行きたい?」と訊ねられ、私はすかさず「バラガン建築が見てみたい!」と答えました。

私は大の建築好きです。

芸術の中で、音楽や写真と同じくらい好きです(他方、絵画や彫刻などには殆ど興味がありません。。。決して嫌いではありませんが。。。)

滞在4日目。

午後の仕事が終わった時点で外はまだ明るかったので、友人が市内にあるバラガン邸に連れていってくれました。 2004年に世界遺産に登録された、Casa Luis Barragán(ルイス・バラガン邸)は1948年に建てられ、1988年、バラガンは亡くなるまでこの自邸で過ごしました。

玄関は通り道に面していて、うっかり通り過ぎてしまいそうなほどシンプルです。


なんと、、、行ったら閉館したばかりでした。。。

しかし! 私が日本から来ていて滅多に来ることができないから少しばかり入館を許可してくれないかと友人が掛け合ってくれたところ、、、

建築学部在学中の学生ボランティアさん二人が「じゃあ特別に私たちがご案内しましょう」と申し出てくれて、なんと、贅沢にも全館貸し切り状態になりました。もう大興奮です。

うす暗い入り口を通り抜けると... 光と色のマジックが待ち受けていました。

バラガンは窓の位置を計算し金色の絵を用いて窓から差し込む自然光をうまく反射させたり明るい色で壁面を彩ることで薄暗い場所に光をあてる工夫をしていました。

そしてさらに内部に入ると…

なんということでしょう。

冒頭で説明した通り、この家は1948年に建てられました。

今でも全く色褪せないデザインの居間です。

小泉誠さんの9坪ハウスは絶対バラガン邸にインスパイアされて生まれたに違いないと、この大窓を見たときに思ったのでした。

バラガンは敬虔なキリスト教徒で、家の随所に彼の信心深さが伝わる装飾が施されていました。

この大窓の十字もその一つだと、ガイドさんが言っていました。

効果的な間接照明や、壁や家具のラインをきっちり合わせることに拘りをもっていたそうです。木材が随所に使われているせいか、日本人にとても親しみやすい感じがしました。


見てください、この木組み!!美しい!!

バラガンは緑をこよなく愛し、家の至るところから緑を愛でる工夫がなされていました。


少しわかりにくいですが、壁面の装飾はいずれもど真ん中ではなく中央からずらして飾られていました。

ガイドさんの説明によると、バラガンはこう言っていたそうです。

「絵は部屋の主役になってはならない。」


これぞバラガンの真骨頂!!一番好きな色です。

友人の医師、マリア先生と。

出張中はマリア先生とハビエル先生ご夫妻の家に泊まらせていただきました。

本当にお世話になりました。


丁寧に案内してくれた学生ボランティアさんと出口で記念撮影。

ちょっと見せてくれるはずが、なんと1時間もたっぷり説明してくれました。

バラガンを敬愛されているからこそ、ですね。

贅沢な思い出です。 2nd CDを作っていて、「いつかまとめよう」と思っていたこの思い出を書きたくなり、6年経ってやっと書きました。。

自分は根っからのラテン気質であることを認めます。


© 2014 by MIDORi

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン
  • グレーのアイコンSoundCloudが
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン