• MIDORi

今、SNSを考える

前回の記事に引き続き、SNSとの関わりについての自分の考えを書こうと思う。 去年の9月にFB個人アカウントを中止した理由は以前ブログにも書いた。


それに加えて、実際にFacebookフレンズ間で発生したあるやり取りの話を人から聞いたのがきっかけとなり、Facbookを含むSNS全ての関わりかたを見直した。


人から聞いた話とはこうだ。

仮にAさんBさんCさんとしよう。 Aさん「BちゃんのFacebookは読んでいるけど、(同じ仲間の)Cちゃんの投稿は読む気がしなくて見ていない。だけど、Cちゃんには悪いから私はCちゃんにはFacebook自体をみていないってことにしている。 もし、Bちゃんの投稿に私がいいねしたら、Cちゃんは気を悪くするだろうからBちゃんにもいいねできないの。ごめんね」


なるほど。 AさんはそこまでしてCちゃんと付き合う必要があるんだろうかと思いつつも、

世の中にはここまで配慮できる人がいて、実はその配慮こそが知人同士のSNSのエチケットなのかもしれないと思った。

我が身を振り返ってみると、自分はそこまで気は回らず、間接的に誰かを傷つけてきたかもしれない、と立ち止まった。 できるだけ差がでないよう、Facebook利用をPCのみに限定してみてはいたが、やはりFBフレンズ全員の投稿を見る時間的余裕はなく差は生じてしまう。


Facebookには友人の近況を気軽に知れるメリットはあるとは思う。 しかし、前述の例のように、同じFBフレンドでも、いいねする人とそうでない人とが出てしまうことや、知り合い同士のコミュニティにおいて、目に見える形で評価したりされたり、或いはスルーしたりされたりするのは、なんとなくいじめの構図と似ているようにも思える。 そういったやり取りから少し距離を置いてみることにした。 そして、実生活の友人とはSNSを通してではなく個人的なやり取りで繋がっていくことにした。 私は、友人や知人に私のブログを読んでもらっているのが大前提とは思いたくない。 読んでくれていたら説明は省けるから楽は楽だし、自分をより知ってもらう手段にはなるが、読むも読まないも相手の自由で、押しつけるものではないと思う。 相手は読んでいないことを前提に、一人一人と互いを理解しあうためのコミュニケーションを大事にしていきたい。


SNSは未知の人々に自分の音楽や意見を届けるために活用していきたいとおもう。

SNSとの関わりかたを変えてからというもの、勉強や趣味に没頭できる時間が格段に増えた。

なんだか得した気分だ。 昔、FB個人アカウントにスマホからよく投稿していたころは、しょっちゅういいねの数をチェックしていた。

今から考えるといかに時間を無駄にしてきたことか。 前回シェアした動画の通り、SNSは中毒性が高く、非現実の世界で勘違いしていることに気がつかない危険性があると、昔の自分を振り返って実感する。

これからは、SNSの利点と欠点それぞれを踏まえた上で、うまくつきあっていきたい。 そして、目の前にある現実の世界を大切にしていきたい。