• MIDORi

嬉しい報せ


12年前、高校でスペイン語を教えていたときの教え子から無事出産したと連絡がありました❤️

年賀状に「今月の予定」と書いてあったので、娘と「もう生まれたかなあ」とそわそわしていました。母子共に元気と聞いて本当に安心しました。

娘を妊娠中に教鞭に立っていた学年なので、授業の度に「今お腹の中で何グラムまで育ちました」という話をよく子供たちにしていたものです。

非常勤なのに卒業後もずっと連絡くれていたので、なんだか孫が生まれたような幸せな気分です❣️

で、早速赤ちゃんの写真を待ち受けにしちゃいました💕

本当の孫ができたらどうなっちゃうんでしょうね、わたし。

ちなみに、娘が以前、こんなことを言ってました。

「お母さんは若くないから、私は早めに沢山子供産むよ。だから元気なうちに子育て手伝ってね。」

なんとも現実的な考えを持っております…

我が家の永遠の赤ちゃんは今日は異音を放っていました…



最新記事

すべて表示

医療的ケア児のいま

今日明日とNHKハートネットTVが医療的ケア児を取り上げています。 1992年、リンパ管腫の治療を受けるために来日したメキシコ人のカルロスちゃんと家族の通訳をしたとき、気管切開と胃ろうのケアのため両親は4時間以上連続して寝たことがないと聞いて家族の大変さを思い知らされました。 日本の親御さんたちも長い間同じような状況を強いられてきました。今年やっと医療的ケア児の支援を強化するため厚労省が報酬の見直