• MIDORi

誕生日辞典

今週は、NPO会計処理用に新しく導入したPCソフトと格闘の日々を過ごしていました。

やっと一段落しました。


週末を迎え、久しぶりに歌おう~!と思い、ジュリア・フォーダムのアルバムを聴きながら、一緒にピアノで弾き語りをしました。


彼女の透き通る深みのある声が大好きです。

ふと、「あれ、ジュリア・フォーダムって何人?多分ブリティッシュだったはず」、と思いWikipediaを調べてみたらその通りだったんですが、なんとなんと、同じ誕生日だったこともわかりました~!!!!!


以前、Facebookでチラッと触れた話題ですが、1st CD Naturalをレコーディングしたスタジオ悠のオーナーさんが見せて下さった「誕生日辞典」に、8月10日生まれについてこんな記述がありました。

誕生日辞典/ゲイリー ゴールドシュナイダー(著), ユースト エルファーズより一部抜粋】


人をうっとりさせる声の持ち主


8月10日生まれの人は周囲の人びとに強烈な印象を与えます。

傾聴すべきは文字通りその声。

声の抑揚が、話す内容と同じくらい重要な役割を果たすのです。

そのスタイル、テクニックは、コミュニケーションの際に最もきわだった印象を残します。


快活でユーモアのある人と評されることが多いでしょう。頼りになり、浮ついたところなどまったくないのに、人を楽しませる力があるので、すばらしいエンターテイナーになれそうです。人に喜ばれていると思うとはりあいがでて、愛する人だけでなく、日常的に接する大勢の人びとに骨身を惜しまず尽くそうとします。しかし与えるのに忙しくて、人間的成長に欠かせない内省ー面倒でも人間にとって重要なことーから逃げてしまうかもしれません。

ジュリアが裏付けてくれましたね~♫ 


歌を始めて以来、聴いて下さる皆様から「声がいい」という有難いお言葉を何度となく頂いてきました。

歌い方は変えられても声質は変えられないので、私が歌を続ける意味はそこにあると信じ、

音楽性を磨く努力を積み重ねてきました。

もっといい声をお届けできるよう、日々研鑽中です。


最後の一文、大事ですね。

人間的成長に欠かせない内省は、コロナ禍のブログで色々と綴ってきた通りです...。

コロナがなければ、また違っていたかもしれません。

ジュリアも内省してるかな(誕生日が同じとわかった途端に親近感!)。


周りの人々の誕生日になんて書いてあるのか知りたくなったので中古本をポチっとしました!

来週水曜日に届くので、興味あるかたはこっそりメッセージくださいね~🍀


*写真は2016年1月に撮影したものです